クレジットカードの機能とは?

クレジットカードの機能は2つあります。キャッシングとショッピングですね。
この機能の違いはご存知だとは思いますが、一応説明しておきましょう。
キャッシング機能とは現金を貸し付ける機能です。直接現金の借入が出来るので、非常に便利です。しかし、金利がそれなりに高いです。

また、総量規制が有ります。この総量規制とは自身または配偶者の年収の1/3までしか現金の借入が出来ない法律です。そのため、今までA社の返済の為にB社で借入をして、またB社の返済の為にC社で借入をして・・・なんて事が出来なくなりました。

年収の1/3以上の借入がある人は返済のみとなり、生活が非常に苦しくなりました。現金での借入なので、信用情報にも利用履歴や返済履歴が残り、住宅ローンや車のローンにも影響が有ります。

もう一つの機能はショッピングです。このショッピング枠は物品を購入するためにあります。
直接現金を借入れるわけでは無いので、キャッシングに比べて金利は安いです。
こちらのショッピング枠は総量規制の対象外です。そのため、クレジットカードのショッピング枠内であれば年収を超える金額でも利用が可能です。
このショッピング枠で物品を購入して現金に替える訳ですから、直接の現金借入とは違うという事です。

また、キャッシングとショッピングでの同じ金額を借入れした場合の合計支払額は断然ショッピングの方が安く済みます。金利が安いのも大きな理由ですが、ショッピング枠を使うメリットは他にもあります。
年間会員費が必要なカードはショッピング枠を利用する事により無料になったり、使用した金額に応じてポイントが還元されます。実はこの会員費無料とポイント還元が大きくショッピングの実質金利を引き下げてます。最近では1ポイント=1円として利用可能なんてカードもあります。
¥100,000円の利用をして¥10,000円の年間会員費と5%のポイント還元で5,000ポイント貰えた場合は¥5,000を得した事になります。
つまり、実質ショッピングで利用した金額は¥85,000になる訳です。これはかなりお得ですよね!

現金を手に入れるのに、このお得なショッピング枠を利用し無い手はありません。カードでお金を手に入れるという意味はここにあるんです。